夢の魅惑

ただの雑記ブログのようだ

フィンランド旅行記 オーロラ撮影編

f:id:momen40:20180212220744j:plain

 

ファンランド旅行でのオーロラ撮影について書きます。

事前にネットで設定とかを調べて行きましたが、実際の撮影はなかなか上手くいきませ

ん。その辺りの細かい部分を伝えれたらと思います。

トップの画像はフリー素材でして、自分で撮った写真ではありません。。。こんなオーロラが見れたら超絶ラッキーです。

 

オーロラツアーに参加した際の旅行記はこちら。

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その2 - 夢の魅惑

カメラの設定は詳しい方が書いてくださっているので、そちらを参考にして下さい。

ヤムナスカのオーロラ完全ガイド | カメラの設定と撮影の手順

 

僕のカメラレベルは、"ちょっといいデジカメ買ったけど、旅行とかでしか撮影しないやつ"くらいです。絞りとかISO感度とか設定はできるけど、効果的な組み合わせはなんだかわからないって感じです。

 

撮る時に気を付けること

上のリンク内にも書いてあることと被るものが大半ですが、僕が思う気を付けることは次の点だと思います。

事前にマニュアルフォーカスの無限遠を確認する

たいていのデジカメはオートフォーカス機能が付いてて、マニュアルフォーカスをあまり使わないと思います。なのでマニュアルフォーカスに慣れておく必要があります。フォーカスを調整するリングをどれくらい回すと無限遠になるのか、を遠くの山でもなんでもいいので明るいうちに、または日本にいるときに確認しておくと実際の撮影のとき戸惑わないと思います。

僕は無限遠を確認していなかったので、遠くの民家の光を何度も撮影して合わせました。実際のオーロラを撮る際も撮りながら調整すると思いますが、全然フォーカスがわからないと時間がかかります。

カメラによっては液晶画面に現在の焦点距離が出る機種もあるので、その場合は楽ですね。

三脚必須

カメラや設定にもよりますが、シャッタースピードは数秒~20秒くらい必要です。手持ちで撮影したらブレます。荷物が増えますが持って行って損はしないと思います。

飛行機に持ち込みできるのは60cm以下らしいので、縮めたときの大きさを確認して持って行って下さい。

僕はHAKUBAの4段三脚 中型を持って行きました。軽いし、コンパクトだけどオーロラ撮影にもしっかり使えました。フルサイズの大きいカメラや、大きいレンズを使うのは厳しいかもしれませんが。

三脚はできれば組み立てておく

オーロラはけっこう動きます。数分で消えたりほとんど見えなくなることもありました。なので、オーロラ観測地に着いたらまず三脚を組み立てて、小屋の中で休憩するときはすぐ使えるように軽く畳む程度にする方がいいと思います。

僕は小屋で休む時にちゃんと畳んでいて、いざオーロラが出てきたときに三脚を準備していたらオーロラがどんどん薄くなっていきました。

でも、小屋内では他の人の邪魔にならないように。ツアーにもよりますが、割と人口密度高めです。

 オーロラの動きに合わせてシャッタースピードを調整する

 1つ前の項目でも書いたように、オーロラはけっこう動きます。なのでオーロラの動きが速いときにシャッタースピードを20秒とかにするとフワフワし過ぎた画になってしまいます。カメラの性能にもよりますが、ISO感度を上げるか暗いのを覚悟でシャッタースピードを短るする方がいいこともあると思います。

この後に実際に撮った写真を載せていて、シャッタースピード0.5秒と攻めた短さのものがありますが、これはあとから見ると短すぎたので、マネしないで下さいww。

 

実際に撮った写真

SDIM1970

これはシグマのdp Quattroで撮った写真です。設定は以下です。

ISO感度:400

絞り:F2.8

シャッタースピード:20秒

 

色が白いですが、実際に見たオーロラの色はこんな感じでした。ホワイトバランスをオートにしてたので、色々変えたらよく見る緑っぽくなったのかもしれません。

シャッタースピードが20秒なので、フワフワし過ぎているような。

dp2 Quattroは高感度撮影に弱いことで有名みたいで、拡大したらめっちゃザラザラしていたので、僕の手には負えないとカメラを変えました。フォーカス距離が液晶上で確認できるのでフォーカスは合わせやすいのですが。。。

 

P1010050

次はオリンパスのE-M5で撮った写真です。

ISO感度:1600

絞り:F3.5

シャッタースピード:0.5秒

 

このカメラでは綺麗な緑色に写りました。ISO感度1600まで上げれるのは嬉しいです。

しかし、シャッタースピードが0.5秒と短いので、暗いです。撮っているときは、真っ暗な中で撮影しているので液晶画面を見て「0.5秒でもイケるやん」て思いましたが、こうしてPC画面で見ると暗いです。

 

実際の写真で綺麗に撮れたやつはこの2枚。。。適正な設定で撮れた写真がないので記事的に微妙ですが、オーロラが見れて写真に残せたので満足です。

 

オーロラ撮影編はここまでです。ここまで読んでくださった方ありがとうございました。オーロラ撮影の際に参考にして頂けたら幸いです。

カメラで撮ることばっかり書きましたが、まずオーロラツアーに参加しても見れるかは運です。Lifeって映画に出てきたベテランカメラマンが「本当に気に入ったものを見るときは、カメラに邪魔されたくない。その瞬間を味わいたいんだ」的なこと言ってたので、オーロラが見れたらファインダーごしではなく、まずは自分の体でオーロラを見れた感動を味わってみて下さい。

その後急いで撮影に撮って下さいww。

 

おわり

 

 

実際の旅行記へはまとめページからどうぞ。

フィンランド旅行記まとめ - 夢の魅惑