夢の魅惑

ただの雑記ブログのようだ

フィンランド旅行記 ヘルシンキ編 その4

P1041018

ヘルシンキ1日目にたくさんの観光地を周り、おしゃれな雰囲気と美しい教会に感動しまくった僕達。ヘトヘトで迷いながらも無事ホテルにたどり着きました。ヘツシンキ2日目は観光しつつお土産探し、というかショッピングを堪能しました。

 

 

この記事はヘルシンキ編その3の続きです。よければまとめページからどうぞ。

フィンランド旅行記まとめ - 夢の魅惑

 

旅行スケジュール

1日目 関空→ロヴァニエミ、オーロラツアー 

2日目 ロヴァニエミ観光、オーロラツアー 

3日目 ロヴァニエミ観光、夜行列車でヘルシンキへ 

4日目 朝にヘルシンキ到着、ヘルシンキ観光 

5日目 ヘルシンキ観光、ヘルシンキ関空 ←ついにここ

 

 

朝食はもちろんホテルのバイキング。たまたまかもしれませんが、内容はロヴァニエミのホテルとほぼ一緒でした。パンとハムとサラダと・・・デジャヴ。あと一日以上食べたら飽きそう。しかし、ハムはうまいです。

チェックイン時のホテルマンはあまり愛想がよくなかったですが、チェックアウト時の女性はとても気さくな方で、鍵を渡して追加料金等がないのを確認したらOKと笑顔で答えてくれました。お客さんらしき人とめっちゃナチュラルに雑談してて平和やなーとほのぼのしました。

 

前日、ホテルに着いたとき気付いたのですが、ホテルの目の前にトラムの駅あるっ!!なんとまぁ。昨日は20~30分も雪道を歩いてきたのに。

というわけでホテルの目の前からトラムに乗って出発。

まずはアラビアの工場に向かいました。工場というか併設されているアウトレットショップが目当て。

P1040917

トラムの座席にプリントされた路線図。昨日は必死過ぎて気づかへんかった。

 

路線を乗り換えつつ6、8番線のArabiankatu駅で降りました。が、それらしき建物は見えず。周辺は一帯がアラビアの工場なのかそれっぽい建物が沢山並んでいました。

みんな目的地は同じやろうと思って、適当に知らん人に付いていったら全然違う工場のような建物に入って行かはりました。これは違う、と駅の方に戻って、反対側の交差点をチラリ。ガイドブックの写真と同じ建物を発見しました。

 

意気揚々とショップ内をウロウロ。アウトレットだけあって、安くなっているものは、めっちゃ安いです。と言っても元がもとなのでそうひょいひょいは買えないですが。ムーミンのマグが欲しかったのですが、気にいる柄のものがなかったので断念。代わりにと言ってはなんですが、ランチョンマットを買いました。

けっこうショップは広いのでウロウロするだけでも楽しかったです。そして、アラビア以外にも雑貨屋が同じフロアに入ってて、そこの店も見るの楽しいです。個性的な雑貨から家具屋さんも。

ショッピングを終えて、アラビアの建物から出た辺りで帽子がないことが判明。急いで取りに戻ると、店員さんが見つけたのかレジのとこに置かれていました。声をかけると笑顔で渡してくれました。ありがとうございます。フィンランドの店員さんはみんな神対応です。

 

再び建物を出た辺りで建物の前にバスが停まりました。そして続々と人が降りてきてショップに吸い込まれていきました。工場はヘルシンキの中心地から離れているので、トラムではなくバスで来る人が多いのかもしれません。そういう方法があったんかと関心しながら、トラムの駅に向かいます。

トラムで今度はヘルシンキ中央駅に向かい、昨日と同じくスーツケースをロッカーに預けました。

SDIM2253

駅前の様子。この日は晴れたので写真撮りまくりです。

しかし、風が強くてめっちゃ寒いです。気温が-13℃とかで、寒すぎてカメラの電池が一時的に少なくなるくらい。でも、温めたら復活します。

 

身軽になった僕たちは、駅の裏くらいにあるカイサニエミ植物園に向かいました。

SDIM2264

植物園の入り口?くらいの道。太陽が朝日みたいできれいです。

植物園の中は雪でなんだかよくわらない感じでした。温室での展示もありましたが、そちらには入らず、さらっと見て出ました。

SDIM2262

この雪の下になにか植わっていたのか。

 

ここからはとりあえず、海沿いのオールドマーケットまで行こうってことで、写真を撮りまくりながら進みました。

晴れて明るい街は雪が降ってた昨日よりもさらに美しいです。

SDIM2302

ヘルシンキ大聖堂。

SDIM2293

大聖堂前の大階段の上から見た景色。もはや神々しいです。

ここで、再び観光客から写真を頼まれる。そんな頼みやすい顔してるんかな笑

今回はロヴァニエミでの経験を活かして「スリー、ツー、ワン、チーズ」とそれっぽい感じで言ってみました。たぶん、ブレとかもなかったはず。

撮影後、無意味に奥さんにどや顔をかましてたと思います。

 

エスプラナーディ公園を抜けて、フリーマーケットの先にオールドマーケットはありました。昨日行ったヒエタラハティのマーケットホールに似た佇まいをしてました。

P1041006

レンガ作りのええ感じの建物。ヒエタラハティよりは小さい。

海沿いの通りに建っていて、写真の左側はすぐ海です。

P1041007

建物の中。建物から内装までとにかくおしゃれです。

中には同じくお肉屋や魚などを取り扱う店と小さいカフェみたいなのが並んでいました。時間が無かったのでさらっと出ましたが、ああいうところでご飯食べると現地の人っぽい気分が味わえるのかなーとか思ったり。

 

オールドマーケットを出た後はお土産タイム。ヘルシンキ中央駅の方にあるForumってデパートに行きました。そこにムーミンショップが入って、コースターと本のしおりを購入しました。他にもムーミングッズいっぱいでした。レシートにもムーミンの絵が描かれていてかわいらしいです。

DSC_0007

コースター。お気に入りです。1個5€。

DSC_0009

レシートのムーミン。

これまでムーミンが好きというほどではありませんでしたが、フィンランドにて来てたくさんのムーミングッズを見てるうちにだんだんとムーミンが好きになっていきました。アラビアのマグはいつか気に入るのがあったら買いたいです。

他にも食料品売り場でハチミツやスープとかを買いました。何気に現地のスーパーで買い物するのが一番楽しかったりします。ハチミツは日本より全然安かった気がします。

 

SDIM2323

関係ないですけど、デパート近くの通り。なんでもない景色なんでしょうがきれいです。

SDIM2328

同じくなんでもない坂。構図がよろしくないですが、ここも素敵な坂。ほんまただの坂やのに。

 

この辺りで飛行機の時間が近づいてきたので、空港に向かいました。空港へはヘルシンキ中央駅からリングレールラインという電車で30分くらい。一人5.5€。

ヘルシンキ周辺の公共交通機関が使えるデイチケットの有効範囲外なので(というか有効時間は既に終わっていました)、切符を買う必要があります。が、券売機がどこにあるかわからへん!駅の待合室的なところに、それらしき機械があったけどたぶん違うやつで、どうしよーってなりました。英語がよくわからへんので、パニックです。

とりあえず、鞄をロッカーから回収しに行って、戻ると奥さんが切符を買ってくれてました。すごい。券売機はホームの端に設置されていました。日本ではホームの前に改札があって改札の外に券売機があるので、ホームに券売機があるという発想がありませんでした。ヘルシンキ中央駅には改札がなく、電車に乗り降りするホームにあった方がいいという考えなんでしょうか。とにかく買えてよかった、ありがとう。

 

空港では手荷物検査をした後、再びお土産タイム。たくさんあるお店を回って、ウォッカみたいなお酒とお菓子、ブルーベリーの紅茶とかを買いました。空港にもムーミンショップがあってそこでも買い物しました。

お土産を選ぶのにけっこう時間がかかってしまい、出発時間が迫っていたので、急いで搭乗口に向かいました。ですが、搭乗口がめっちゃ遠い!出国審査を済ませて、長い長いターミナルを走りました。なんとか出発時間の前には着きましたが、ぜーぜー言ってました。結果、飛行機はちょい遅れ気味で全然余裕でした。まぁ、間に合ってよかったです。

 

帰りの飛行機はヘルシンキ空港を17:25分発(現地時間)→関空10:00着の便でした。乗ってる時間は9時間くらいですが、変な感じです。

夕食の機内食が和食だったのですが、久しぶりの白米に感動しました。フィンランドのごはんもおいしかったですが、やはり米が恋しかったみたいです。

IMG_20170104_190648

機内食です。飲み物にフィンランドのビールを頂きましたが、これがけっこうおいしかったです。これもお土産に買ってこればよかったです。

そばもうまかったです。だし最高。

 

長いフライトを経て無事に日本に到着し、僕たちのフィンランド旅行は終わりました。2回目の海外で、初めてのヨーロッパということで感動しっぱなしの5日間でした。既に1年以上経っていますが、写真を見たりブログを書いたりすると、「あー、ほんまにこの風景の中にいたんやなー」と夢でも見たような感覚になります。僕にとってそれほど素敵なところでした。きっともう一回行っても同じくらい感動すると思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。変な文章やったり、いけてない写真もたくさんあったでしょうが、ちょっとでも行ってみたい、とか思った方がいれば嬉しいです。ありがとうございました。

 

旅行記一覧→フィンランド旅行記まとめ - 夢の魅惑